一日中それこそ24時間取引ができる

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに取引が活発になり相場が動きやすいとされています。
これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で相場に大きな変動が起こることもあり、留意しておく必要があります。重要な経済指標の発表日は押さえておきましょう。
FXはスワップポイントを目的に豪ドル円やニュージーランドドル円といった高金利通貨を保有し続けていくことがありますが、円高の方に保有後に進んでしまうと得ることの出来るスワップポイントより為替差損がより大きくなってしまうことが起こります。
スワップポイント目的でFXの投資をやれば、利益が出しやすいといわれているのですが、損をしてしまうこともあるのです。

外国為替証拠金取引のデモトレードをすることで、あやふやだった取引方法を確かめることができます。

FXは他の金融商品よりも分かりやすい面もありますが、実際に体験してみないと理解できない部分も少なくないので、FXの模擬取引で、きちんとどのようなものなのか確かめてください。
FX投資の初心者の方は、絶対に行った方がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ