FX投資の利益には納税が必要なの

FX投資の利益には納税が必要なのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」とされます。一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、課税はされません。

しかしながら、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をしなければいけなくなります。税金を支払わないと脱税になってしまうので、忘れないようにしてください。

株の初心者の弱点は、ずばり損切りなのです。
ついつい上がると思ってしまい、手放さない場合が多いです。
または、損はいやだと思って、さらに損失を広げてしまう場合があります。

絶対や100%ということなどありえないので、損失を最小限にするという事も株投資においては、とても大事な事です。FX投資を試みる前に、所有する通貨数を決定しておくという点も大切です。

所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、それを超えたポジションは持たないようお願いします。
この結果、勝利しても、利益は減りますが、損失も少なくてすみます。

FXの場合は、どの通貨のペアを選ぶかが重要になりますが、初心者にとっては、全く理解できないでしょう。

わかるためにはいくらかの時間が必要となるため、無知の状態で取引を開始してしまうと失敗するケースが多いです。一方、日経225においては投資の対象が日経平均株価なので、個別の銘柄を選定せずに済ますことができるため、投資のための敷居が低いといえます。FX投資の一つの魅力は、レバレッジが挙げられます。

このレバレッジというのを文字どおり訳すと意味は「てこ」ということで、取引保証金(証拠金)をFX業者に預けると、その金額以上の売買が、できることを指します。

レバレッジをどのくらいかけられるかはFX業者ごとに違いがありますが、規制前と比べたところ、その倍率は低いものになっています。株式投資の初心者の方が、いざ決算書を読もうとしても、書かれている内容がまったくわからなくても仕方がありません。それでも、心配しなくていいです。株式投資では、短い間の売買に集中すれば決算書を見なくても損益をプラスにできるからです。

外国為替証拠金取引で勝つコツは前もって利益確定や損切のルールを作っておくことです。

もし、設定していないと、利益が出ている際にどの水準までポジションを持ち続けていいか決断が難しくなりますし、損失が出ているケースでは、ポジションを持ち続けてしまって、損失が大きくなる恐れがあります。
FX取引をやっていると、ついつい欲を出してしまって、高いレバレッジをかけての取引を行ってしまいがちです。すると、最も悪いケースでは証拠金が不足となり、もう二度と相場に戻れなくなってしまいます。
そんな事態に陥らないためにも、FXに慣れるまでの期間は、2〜3倍くらいの低いリスクで取引を行っておいた方が無難です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ