車査定にしようか下取りにしようか悩んだ時、下取りに

車査定にしようか下取りにしようか悩んだ時、下取りにした方がいいと思っている方もいると思います。

確かに、下取りを選ぶと目当ての車を愛車を使い値段を安くして購入できますし、買取と購入の手続きをそのまま同時に行うことができるようになるので便利です。しかし、売上価格を一番に考慮すると、車査定の方が高くなるのです。当然ですが、車の査定の時は走行した距離の短い方がプラスの査定になります。

走行距離が多い程に車が悪くなってしまうからです。そうではあっても、走った距離のメーターに細工をするとサギですから、走った分はもうどうしようもないです。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。車を手放そうと考えた時に買取と下取りはどちらがいいかというと、高値で売りたいなら買取です。下取りの方が買取よりも安く手放してしまうことになるでしょう。

下取りですと評価されない部分が買取を選べばプラスになることも多いです。特に事故車を売ろうとした場合は、下取りを選ぶと評価が非常に低く、廃車の為の費用を請求される場合もあります。
事故を起こしてしまった車でも査定は可能ですが、金額はかなり低くなるでしょう。
ですが、事故を起こした車ということを隠していても査定する人には隠しきれないので、マイナスになってしまいます。

残念ながら事故のダメージがひどい場合は、数は少ないですが、事故車を専門にしている買取業者の査定を受けると良いでしょう。

こちらの方がより良い査定額をつけてもらえることも多いです。車を手放すときに買取と下取りのどちらをチョイスすればいいのかというと、高く売ろうと思うなら買取です。
下取りならば買取よりも安く手放すこととなるでしょう。下取りであれば評価なされない部分が買取であればプラスになる場合も多くあるのです。とりわけ事故車を売る時には、下取りだと評価がぐんと低く、廃車費用を請求されることさえあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ