車査定と下取りを天秤にかけた時、下取りにした

車査定と下取りを天秤にかけた時、下取りにした方がいいと思っている方もいられるでしょう。

確かに、下取りを選ぶと今までの愛車を使い新車を値引きしてもらう事が可能ですし、買取と購入の手続きをそのまま同時に申し込むことが出来るので便利です。

しかし、売上価格を一番に考えるとなると、車査定の方が高額になります。

事故を起こしてしまった車でも査定は可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。
ですが、事故を起こした車ということを隠していても専門家である査定員には分かるので、マイナスのイメージになります。

残念ながら事故のダメージがひどい場合は、事故車専門で行っている中古車買取業者に査定を頼むと良い場合があります。

こちらの方がより良い査定額をつけてくれることも出てきます。インターネットを利用して、車の査定の大体の相場が分かります。
大手中古車買取業者のサイトなどを見ることで、車買取価格の相場を調べることができます。相場を分かっていることで、安く売って損してしまうこともありませんので、申し込みの前に確認をきちんとしてください。

ただし、車の状態によって変動するので、絶対に相場の通りの価格で買い取ってもらえるとは限りません。

実物の車を査定する段において、出張査定を選ぶ人も割と多くいます。

自宅を動かないのでとにかく楽で、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。しかし、勧誘を断れないなど交渉事が苦手なら自分の所に業者を呼んで査定を受けるより、業者に持ち込みで査定してもらうのが良さそうです。業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、そうそう断れなくなることがあります。
査定を受けることが決まった車について、傷などを修理するべきかどうか迷う人も多いようです。
わずかな傷で自分で直せるようなものは、きれいに直して評価アップを期待したいところですが、あまり修理にこだわらなくても結構です。

どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のままあまり気にせず査定を受けてしまいましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ