転職活動を始める時にまず記入する履歴書

転職活動を始める時にまず記入する履歴書では、職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。

これまでにどんな業務を経験してきたのかが分かれば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。

そして、履歴書に用いる写真はかなり大切なので、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮影してもらったほうが、良いものになります。

誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。望ましい転職理由としては、まず、転職を思い立った実際の理由を再考してみてください。伝えるのはそのままではないため、素直にノートに書いてみましょう。

そして、与える印象が否定的なものとならないようにそれを違う方法で表現します。転職する理由が長いものだと言い訳をしているように聞こえてしまうので、長くならないようにします。

退職の要因として長時間労働をあげた場合は「仕事の生産性を重視して働きたい」、退職理由が仕事にやりがいを感じなかったという場合には「新しい職場で向上心をもって働いていきたい」と表現を変えるとネガティブな転職理由は言葉を置き換えることで、印象の良いものとなります。
履歴書に文章を添える際は、150〜200字程度でまとめるのが良いでしょう。
異なる業種に転職するのは難しいと考えられていますが、本当のところはどうなのでしょうか?まず、結論からいうと異業種への転職は簡単とは言えません。経験者と未経験者の両方がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。ただ、絶対に無理だとはいいきれないので、努力することによっては転職できる可能性もあるでしょう。

転職する時に求められる資格というものは、専門職以外ではさほど多くないようですが、所持する資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が有力なようです。

ことに、土木・建築関係では建築士のような「業務独占資格」と言われているそういった資格を持っていないと実際に業務につくことはできないという仕事も多くあるので、狙いやすいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ