職を変わったわけは書類選考や面接時

職を変わったわけは書類選考や面接時にとても重視されます。

相手に心から共感してもらえる理由でない限り印象が悪くなります。ですが、職を変わった理由を聞かれても上手に伝えられない人も大勢いることでしょう。

少なくない数の人が文書で経歴を書く時や面談の場でなぜ転職することになったのかの説明で躓きます。

労働時間が長いからと辞めたときは「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境でステップアップさせたい」と変えると印象が悪いものになりません。ネガティブな転職理由も表現を変更することで、ポジティブなものに変わります。

履歴書に記載する場合は、150文字以上、200文字以下といったところが理想でしょう。どのような転職の理由が望ましいかというと、最初に、転職を決意した本音の部分を考察してみてください。
相手にそのままを伝えるわけではないため、思ったことをそのままノートに記述しましょう。

そして、それを前向きなイメージになるように文章をリライトしてください。
転職理由が長いと言い訳に聞こえてしまうため、なるべく簡潔になるようにしましょう。

人材紹介の会社を利用して転職が上手い具合に行った人も少ない数ではありません。一人で転職活動、「転活」をするのは、精神的なダメージを受けることも多いです。

転職先が早くみつからないと、何をどうしたらいいのか行き詰ってしまうこともあります。

人材を紹介してくれる会社に頼めば、御自身に合った求人情報を紹介してくれたり有効なアドバイスをしてもらえるでしょう。

今までとは別の業種を目指すときには、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合がほとんどです。貴方が転職希望者であり、もし若いのであれば採用時に経験の有無が問われないなんてことも可能性としてあるでしょうが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけばこれといって労働条件は気にしないという場合、転職できるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ